MKstyle
  • 店舗一覧
  • 来店予約
振袖イベント一覧 振袖WEBカタログ
期間限定振袖祭典!先着10着限定振袖フルセット55,000円!来店予約&成約特典付き!7/14まで

白い振袖に合うコーディネート

清楚の極み、白。

白はどんな色との組み合わせも受け入れ、品よくまとめます。当たり前となった“映え文化”において、近年人気を高めているのが、顔映り抜群の白い振袖です。
白い振袖の良さを最大限に活かすには、どんなことを基本にしてコーディネートをすればよいのでしょうか。ここでは、白い振袖のスタイリングポイントをいくつかご紹介します。

白い振袖が与える印象とは?

白い振袖のイメージ

白い振袖のイメージはまさに「純白」です。清楚な印象を与えて優しい女性像を彩ります。白い振袖は、まさに成人の若々しいイメージにぴったり。白がベースカラーになっていても、すそのグラデーションの色合いによって雰囲気がガラリと変わるのも白の特徴。明るい色ならやわらかい可愛らしい雰囲気に、シックな色ならクールで凛とした印象になります。

白い振袖の印象は、組み合わせる色で決まる

白い振袖は、柄の色によって大きく印象が変わってきます。大ぶりの赤や黒の柄ならインパクトが強く、小ぶりの淡い色合いの花柄なら可憐で控えめな優しい印象を与えます。紫や青がさし色に入っている場合は、大人っぽいクールな印象になり、ピンクやオレンジなどの鮮やかなカラーの柄は、元気でキュートな印象を与えるでしょう。
白い振袖を選ぶときには、まず自分がどんな雰囲気の装いになりたいかテーマを決め、柄やすその色に着目して選べば小物や帯も選びやすくなります。

白い振袖の小物の選び方

白い振袖の場合、草履やバッグなどの小物は、振袖のさし色になっているカラーに合わせるようにしてみてください。
例えば、白い振袖に赤やオレンジの色が入っている場合には、草履、バック、髪飾りには赤やオレンジの髪飾りをもってくるとバランスが良いです。また、同じ色でも濃い色と薄い色を両方使うと奥行きが増し、より華やかになるのでおすすめです。

帯締めに強めの色を持ってきてから他の小物をセレクトすると、全体のバランスがとりやすいでしょう。
さし色に関わらず、白い振袖に合わせて髪飾りも白系にするのもトレンドのスタイルです。

白い振袖のコーディネートアドバイス

白い振袖に合うのは金の帯が定番ですが、最近では白や銀の帯など、あえて同系色でまとめ、小物で個性を出すというのも人気のコーディネートです。

ただし、コーディネートによっては全体的に大人しく感じてしまう場合があります。そんな時は、顔まわりにある半衿や重ね衿にしっかり色を入れて、寂しい印象になるのを防ぎましょう。

全体的にふんわり華やかな印象にするか、それとも凛とした印象にするかどうかは、色の組み合わせ次第といっても過言ではありません。合わせる草履とバック、ファーまで、一貫したテーマでスタイリングしましょう。

 

新たなスタートラインとして、成人の旅立ちにふさわしい白。
白い振袖は、清楚で凛とした振袖スタイルを目指す方におすすめのカラーです。他のカラーに比べると基本的にどんなさし色でも合うため、コーディネートしやすいでしょう。なりたいテーマをイメージして、自分なりのコーディネートをしてみてくださいね。

 

振袖EVENT

まるやまグループのお得な振袖イベントを紹介します。

イベント: イベント:

振袖店舗検索