MKstyle
  • 店舗一覧
  • 来店予約
振袖イベント一覧 振袖WEBカタログ

黒色の振袖に合うコーディネート

強い色でもあり、影の色でもある黒。

振袖は色や着こなし方によって、印象が大きく変わります。
今回は黒い振袖に注目してみましょう。

定番カラーの赤やピンクの振袖とは違い、大人びたクールな印象の黒い振袖。黒い振袖の選び方のポイントや、コーディネートの仕方についてご紹介します。

黒い振袖のイメージとは?

黒い振袖

黒い振袖の印象として一番感じるのは「大人っぽさ」でしょう。赤やピンクの振袖はフレッシュさや女性らしさを演出できますが、黒い振袖はクールで力強い装いになります。
また、黒は引き締め効果のある色なので体のラインをスマートに見せることができるのも大事なポイント。様々な色と相性が良いので実はコーディネートしやすいのも黒い振袖の特徴です。

どんな柄の振袖を選ぶ?

黒い振袖の柄の種類

一口に黒の振袖といっても、柄や色使いによってもガラリと印象が変わります。
例えば赤い花柄や金色の柄が入っていれば、より高級感がアップしさらに大人エレガントな印象になります。赤やピンクを使用した洋風モダンなデザインは、大人の可愛い印象になります。和柄のデザインは、古典的な印象が強くなるでしょう。洋風モダンなコーディネートにするか、古典的にまとめるかは自分の好みで決めましょう。

黒い振袖を選ぶ際に気をつけたい点としては、着こなし方によっては暗い印象になってしまうということ。試着してみて地味だと感じるようなら、帯や帯締め、帯揚げ等の小物で華やかさをプラスしましょう。

黒の振袖に合う髪飾りや小物

黒は基本的にベースとなる色。どんな色とも相性が良いですが、髪飾りや小物の色を選ぶときには振袖の柄や色と合わせるようにしましょう。

例えば振袖の柄に赤やオレンジなどの暖色が入っている場合は、髪飾りにも同じく暖色を選ぶようにしてください。
シックな大人っぽさを演出したい場合は、髪飾りも一輪のかんざしなどでシンプルにまとめると粋な演出となります。

また、あえて黒でまとめて、赤などインパクトの強い色を小物や髪飾りに使い、挿し色にする着こなしをする方も多いようです。コントラストをうまく使って自分なりの着こなしを思いきり楽しむのもいいでしょう。

お顔まわりのアイテム、髪飾りや半襟、重ね衿などは、白または明るめの色、はっきりした色を意識してセレクトすると、黒い振袖を引き立ててますし、お顔映りが暗い印象になることを避けることができます。

黒い振袖のコーディネート

基本的に黒い振袖は、地色の黒さに負けないように、はっきりとした色を模様にも使っているので、全体的に強い印象となります。そのような振袖に合う帯の色は、振袖とバランスの良い、重厚感のある金や銀の帯が定番です。

一口に黒の振袖といっても、柄や小物などによって印象が大きく異なります。黒の振袖で一番定番なのは、赤や白を使ったコーディネートです。振袖の柄をはじめ、小物や髪飾りに赤や白が入っている物を選ぶと、全体的にかっこよくまとめることができます。また、よりクールな印象にしたいという場合は、水色などの寒色系でまとめると良いでしょう。女性らしくキュートにしたい場合は、ピンクを使うと華やかな大人カワイイ印象になります。水色やピンクなどの明るい色とも相性が良いので、茶髪で黒い振袖を楽しみたいという方におすすめです。

注意してほしいのは、どんな色も引き立てる黒がゆえに、たくさんの色を使うことはまとまりに欠けます。挿し色をしぼると黒のカッコイイ印象をそのままに、スタイリングすることができますよ。

黒のもつ強くクールなイメージは幼い自分とは違う、成人に向けて一段も二段も先の憧れの女性像に近づけるのにぴったりの色。どんなイメージに仕上げたいのかをとことん考えて、全体的にバランスの取れたスタイリングをするといいでしょう。

振袖EVENT

まるやまグループのお得な振袖イベントを紹介します。

イベント: イベント: イベント: イベント: イベント: イベント: イベント: イベント:

振袖店舗検索