MKstyle
  • 店舗一覧
  • 来店予約
振袖イベント一覧 振袖WEBカタログ
期間限定振袖祭典!先着10着限定振袖フルセット55,000円!来店予約&成約特典付き!7/14まで

卒業式には袴で振袖をアレンジ!

卒業式の定番スタイルといえば、袴姿。
この姿に憧れを抱く方も多いと思います。

特に、華やかな振袖に袴を合わせるとキリリと引き締まり、振袖姿とはまた違った印象になります。
一口に袴といっても色や柄など様々なタイプがありますので、お気に入りの振袖にどんな袴を合わせたらいいかと迷われる方も少なくありません。
振袖と袴のおすすめコーディネートやアレンジをご紹介します。

無地?柄物?ワンポイント?袴選びのコツ

エンジ無地袴とグリーンの桜刺繍袴

袴というと、柄のない、無地のものをイメージされる方が多いのではないでしょうか。
紺や紫、緑、エンジなど濃い単色の袴は、どんな柄の振袖にでも合わせやすく、シンプルでフォーマルな印象に。
大きな花柄や総柄など、デザイン性の高い振袖とコーディネートすると、振袖の華やかさを引き立ててくれますので、振袖との相性も抜群です。

単色でも少し華麗さをプラスしたいという方には、グラデーションの袴やワンポイントの刺繍がある袴がおすすめです。
膝下から裾辺りに刺繍があるものが多いので、振袖のデザイン性を引き立てつつ、足元にも華を添えることができます。
花柄の振袖に蝶の刺繍のある袴を合わせるなど、コーディネートも楽しくなりますね。

振袖がシンプルな柄の場合は、袴に柄や刺繍が入っているものを合わせると、華やかでゴージャスな印象になります。
特にクリーム色などの淡い色がベースの振袖の場合には、思い切って柄のある濃色の袴を合わせてみてはいかがでしょうか。

大胆に反対色を使ってみるのも◎

同系色でまとめるコーディネートも良いですが、振袖と袴であえて反対色を使って、より華やかな印象にするのもおすすめです。
柄にもよりますが、例えば赤地の振袖に、紺や緑色の袴を合わせると、より振袖の明るさが際立ちます。
淡いピンク系の振袖には紺の袴、青系の振袖にはエンジの袴といった、補色を組み合わせるのも効果的です。

黒や白など、モノトーンベースにビビッドな挿し色が入っているようなモダンなデザインの振袖や袴であれば、個性的な装いを楽しめます。

全体の印象は足元で決まる

振袖と袴のスタイルは同じでも、足元次第でコーディネートの方向性が大きく変わってきます。
足袋と草履を履くスタイルが正統派の装いで、卒業式という式典のフォーマルな場にふさわしい袴スタイルです。

一方、足元にブーツを合わせると、一転してモダンな雰囲気になります。
編み上げなど、少しヒールのある華奢なブーツが袴のスタイルには似合います。
ブーツを履く場合は袴の丈は短めに着るのが一般的ですので、ヒールの高さなどをあらかじめ測っておき、試着の際に店舗スタッフにお伝えいただくと丈の目安が分かりやすいでしょう。

大切な振袖を袴と組み合わせてみると、また違う印象で楽しむことができます。
このほかにも、袴下帯や重ね衿の色合わせ、パールや花モチーフの帯飾りをつけてみるなど小物で遊ぶこともできるので、ご自身のお気に入りのスタイリングで、卒業式に臨んでくださいね。

振袖EVENT

まるやまグループのお得な振袖イベントを紹介します。

イベント: イベント:

振袖店舗検索