MKstyle
  • 店舗一覧
  • 来店予約
振袖イベント一覧 振袖WEBカタログ

青色の振袖に合うコーディネート

振袖にはさまざまな色や柄があり、青色の振袖をセレクトする人もいます。青の振袖は赤のような定番のカラーよりも、個性的でモダンな印象を受けがちですが、藍色、紺色などは昔から好まれる抜群の上品さがあります。お顔映りはとてもよく、古くから日本人に合う色として親しまれてきた時代背景があります。
青色の振袖を生かしたコーディネートには、どんな方法があるのでしょうか?ここでは、青色のコーディネートの例をいくつかご紹介します。

青い振袖が与える印象とは?

青い振袖 ブルー地に百花車文様振袖

振袖の定番と言えば赤やピンクといったカラーで、青を選ぶ方は少数派です。しかし、赤い振袖ピンク色の振袖などが多い中で青の振袖は目立つため、その分周りの人の印象に残りやすくなります。自分だけの仕上りにすることができるので、人とは違う振袖を着たいという方にはおすすめの色です。青い振袖自体はクールな印象を与えますが、柄や小物の使い方によっては大人の女性らしさを演出することができるでしょう。

青い振袖に合わせる帯の選び方

大人っぽい印象を与える青の振袖は、柄によっても与える印象が変わりますが、帯の色の合わせ方によってもその表情が変わります。
例えば、黒や金の帯を合わせると、さらに大人っぽくシックで落ち着いた印象に、古典柄にすると重厚感のある印象に仕上がるでしょう。ただし、黒の帯を合わせると全体的に重い雰囲気になりますので、明るく華やかにしたい場合にはあまり向いていないかもしれません。
華やかな印象にしたい方は、白や金地といった、明るい色味の帯がおすすめ。コントラストがはっきり出て、青い振袖が引き立ち相性の良いカラーです。互いに色を目立たせ合うことで、上品で華やかな仕上がりになります。帯締めや重ね衿に朱色をさし色として使ってもオシャレでしょう。

青い振袖にプラスしたい小物

クールなイメージを与えがちな青い振袖を冬に着用する際は、ボリューミーなショールを合わせると好バランスになります。
帯も青と同系色でまとめた場合、帯揚げや帯締めは挿し色の明るい色を取り入れると、軽やかな印象になりとてもオシャレです。最近ではクールな青に甘めの帯揚げ、帯締めの色で外してみるのもモダンな雰囲気になりおすすめ。ワンランク上の着こなしが叶うはずです。

青の振袖のコーディネートアドバイス

青の振袖は、大人しくまとめてしまうとクールな印象ばかりが強くなってしまうため、華やかな小物やさし色をプラスするのがベストです。帯や小物に、金や銀を取り入れて、ゴージャスに仕上げると青が引き立つでしょう。
白い帯を合わせる際には、さっぱりしすぎた印象になりがちなので、大ぶりの飾りがついた帯締めや、ボリューミーなショール、髪飾りで華やかさや個性を出すと良いでしょう。
いくつかある相性の良い色の中でも、オレンジ、朱色は青い振袖を華やかにしてくれるので、重ね衿や帯揚げで挿し色として合わせるのもおすすめです。ぜひ取り入れてみてくださいね。

赤やピンクの振袖が王道な中で青い振袖は凛と上品な印象で、個性が出やすいカラーといえます。青だからこそできる、自分流のスタイリングを楽しんでみてはいかがでしょうか。

振袖EVENT

まるやまグループのお得な振袖イベントを紹介します。

イベント: イベント:

振袖店舗検索