MKstyle
電話
来店予約

振袖のマナー

About Mk Style: Manners of Furisode


img_manner_50

立ち姿

基本である立ち姿がきちんとすれば、8割は成功と考えていいでしょう。でも、当日いきなり普段と違う姿勢を取るのはけっこう難しい!事前に鏡の前でチェックしましょう!

NG

手も姿勢も全体的にだらっとした佇まい。足元は外股で開いて立ってしまうと、子どもっぽい印象になります。

OK

下を向かないように、首ごと後ろへ引くように顎を引きます。次に頭の上に重いものを乗せて、それを上に持ち上げる感じ。これだけで背筋がピンと伸びて凛とした印象に。足元はやや内股気味に。

img_manner02

座り方

袖の扱いと座る時の「浅さ」がポイント。成人式会場では座っている時間が長いので、ぜひきちんとした座り方をマスターしましょう!

NG

猫背になってしまい、足も投げ出してだらしない印象。この姿勢は着崩れの原因にもなります。袖が床に付いてしまうと、せっかくの振袖が汚れてしまいます。

OK

成人式会場のほとんどで背もたれつきの椅子が用意されていますが、背もたれは使用厳禁。帯が潰れないよう、浅めに腰をかけて背筋を伸ばして。
足は揃えて、振袖の袖が汚れないように膝の上で2枚奇麗に重ね、手を添えて押さえましょう。

img_manner03

階段の上り下り

気にしていなければ普通に上り下りしてしまう階段。振袖姿で気をつけるポイントは2つです。

階段の上り下りでは、長い袖を引きずらないように気を付けて。
袖は左右2枚重ねでまとめて左手に持ち、床に付かない辺りまで持ち上げると上り下りがしやすくなります。

振袖の裾を踏まないように気を付けて。でも裾を上げ過ぎて足首がむき出しになるのはNG。見えすぎない程度に抑えましょう。

img_manner04

車の乗り降り

スペースの狭い車に乗る場合、注意するポイントがたくさんあります。

乗車前

左右の袖を重ねて2つ折りや3つ折り程度にたたみます。車での移動は揺れがあるため袖が滑って落ちやすいので、短めにたたみます。

乗車時

座る時は、まずお尻から座席に入り腰をかけます。
腰をかけたら、たたんだ袖を膝に置き、両足を揃えたまま足を中に入れます。頭をぶつけやすいので要注意!

img_manner05

乗車後

背もたれは帯結びを潰してしまうので、使用は厳禁。やや前かがみになり、帯を守りましょう。

発車後

片方の手で振袖の袖を押さえ、空いている方の手はグリップや支えになる手すりに手をかけ、移動中の急な動き、揺れに備えましょう。

降車時

降りる時は、逆の動作を行います。両足を揃えて地面に下ろし、頭に気を付けゆっくりと身体を起こして降りましょう。

img_manner06

化粧室

いざ化粧室に入ろうとする時、「そういえば、振袖の時ってどうしたらいいの?」なんてことにならないよう要チェック!クリップは2個が必須アイテムです。

まずは、長い袖の処理をします。
帯締め(帯の上の紐)の間に袖を下から通してはさみ、床に付かない丈まで引き上げます。
無理に通すと帯締めが緩んでしまうので、具合を見ながら通しましょう。

袖の準備が出来たら、次は裾の処理。振袖、長襦袢、裾除けをまとめて持ち、裏面が見えるようめくり上げます。クリップ2個で帯締めに裾を留めて出来上がり。
めくり上げる時は、前だけでなく後ろ側も同じように持ち上げましょう。

戻す時

降ろすときは、裾除け、長襦袢、振袖の順に丁寧に1枚ずつ整えながら下ろすと着崩れ防止にもなり、綺麗に戻ります。

img_manner07

着崩れ対策

振袖のちょっとした着崩れを直すためのノウハウを紹介します。

衿元の乱れ

衿がたるんだ場合は、衿山から帯に向けてたるみを伸ばし、たるんだ余計な部分は帯の中に入れ込みます。
重ね衿がずれてしまった場合は、重ね衿が5〜6mm程度が見えるよう左右均等に整えましょう。
顔近い衿元の乱れは結構目立つので、気が付いた時は鏡を見ながら、きちんと直しておきましょう。

img_manner08

帯の乱れ

帯が下がってきてしまったら、まずは帯の下に手を入れ、グッと持ち上げた後、帯の上を持って引き上げ元の位置へと整えます。
帯揚げもたるみが無いかチェックし、たるみがあれば差し込み部分へたるんだ部分を入れ込みましょう。
リボンやお花型などのアレンジ結びをする場合は、ほどけてしまった時に備え、着付の際に着付け師さんに対処法を聞いておくと安心です。

img_manner09

おはしょりの乱れ

帯の下にある折り返しのところを「おはしょり」と言います。おはしょりがモコっとたるんでしまった場合は、帯の下に余分なたるみを入れ込み平らにします。
帯と平行になるようラインを整えるとさらにグッド。
逆におはしょりが帯下の中に入りすぎて短くなってしまった場合は、おはしょりの左右をつまみ、少しずつ引き下げます。
強い力で引っ張ると、おはしょりが出過ぎて不格好になるので要注意。
たるんだ場合や中に入りすぎた場合は、おはしょりが帯の下線から7〜8cm程度見えるよう左右均等に調整しましょう。

img_manner10