MKstyle
店舗一覧
電話
来店予約

黒色の振袖に似合うコーディネート

black-furisode

まるやま京彩本部
黒色の振袖に似合うコーディネート

振袖は色や着こなし方によって、印象が大きく変わります。赤やピンクが近年の定番になりつつありますが、今回は黒い振袖に注目してみましょう。黒い振袖の選び方や、コーディネートの仕方についてご紹介します。

黒い振袖のイメージとは?

黒い振袖

振袖は色によって印象が変わりますが、黒い振袖の印象として一番大きいのは「大人っぽさ」でしょう。赤い振袖ピンクの振袖はフレッシュさや女性らしさを演出できますが、黒い振袖はエレガントな装いになります。
また、黒は引き締め効果のある色なので体のラインをスマートに見せることができますし、ほかの色とも相性が良いので着こなしやすいのも特徴です。

どんな柄の振袖を選ぶ?

黒い振袖の柄の種類

一口に黒の振袖といっても、柄や色使いによってもガラリと印象が変わります。
例えば赤い花柄や金色の柄が入っていれば、より高級感がアップしさらに大人っぽい印象になるのです。

赤が挿し色となっているものでは比較的洋風モダンが多く、可愛らしくも着こなせますし、個性的な印象になります。和柄の印象が強ければ、黒の振袖はほかの色よりもさらに古典的な印象になるでしょう。
モダンに外すか、古典的にまとめるかは自分の好みで決めることをおすすめします。

黒の振袖に合う髪飾りや小物

黒は基本的にベースとなる色。どんな色とも相性が良いですが、髪飾りや小物の色を選ぶときには振袖の柄や色と合わせるようにしましょう。例えば振袖の柄に赤やオレンジなどの暖色が入っている場合は、髪飾りにも同じく暖色を選ぶようにしてください。
シックな大人っぽさを演出したい場合は、髪飾りも一輪のかんざしなどでシンプルにまとめると日本らしい風情や、おしとやかさを演出できます。また、黒の振袖に合わせる帯の色は、金系や銀系が定番です。

黒い振袖を選ぶ際に気を付けたい点としては、着こなし方によっては暗い印象になってしまうということ。
シックな印象にまとめてしまえば恰好良くきまりますが、地味だと感じるようなら、帯締めや帯揚げ等の小物で華やかさを演出しましょう。
また、あえて黒でまとめて、赤などインパクトの強い色を帯や重ね衿に使い、挿し色にする着こなしをする方も多いようです。黒は全体のイメージを引き締めるので、大きめの髪飾りでとびきり華やかにしてもいいでしょう。

黒い振袖のコーディネート

黒い振袖のコーディネートについて

もともとベース色である黒の振袖は、どのような色を使ってまとめるかで印象が大きく変わります。黒い振袖のコーディネートを決める際は、自分がどのように着こなしたいのかを考えて、そのイメージに合う色を選ぶようにしましょう。

黒の振袖で一番定番なのは赤を使ったコーディネートです。振袖の柄をはじめ、帯や小物などに赤が入っている物を選ぶと、全体的に和風で可愛らしいイメージでまとめることができます。また、黒い振袖は元々大人っぽい印象を与えますが、よりクールな印象にしたいという場合は、水色などの寒色系でまとめると良いでしょう。女性らしくキュートにしい場合は、ピンクを使うと華やかな印象になります。水色やピンクは明るい色との相性が良いので、茶髪で振袖を楽しみたいという方にもおすすめです。

一口に黒の振袖といっても、柄や小物などによって印象が大きく異なります。自分はどんなイメージに仕上げたいのかを考えながら、振袖のコーディネートをするといいでしょう。

振袖レンタル・振袖ご購入はまるやま京彩本部にお任せください