MKstyle
店舗一覧
電話
来店予約

おデブポーチはもう卒業。コスメポーチをすっきりさせるアイデア3選

pouch-compact

まるやま京彩本部

MK可愛いLABO

成人を迎える皆さんに、大人の ”可愛い” と ”おしゃれ” の情報を発信します。
トレンドをチェックして女子力アップ間違いなし

シーズン毎に新しいアイテムを買い足したり、気分やTPOに合わせてチェンジしたいからとリップを何本も持ち歩いていたり、気が付くとコスメポーチがパンパン。せっかく女子力を上げてくれるコスメを入れているポーチがパンパンのおデブポーチじゃ残念すぎます。

そこで、おデブポーチを卒業するための、簡単にできるアイデアをご紹介します。

1.お手製メイクパレットを作って、複数アイテムを一つにまとめてみよう

アイシャドウやチークなどのカラーアイテムは、それぞれがかわいいケースに入っていたり、ケースにチップやミラーがついていたりで、コスメそのものよりもケースがかさばっていることが多いです。

また、アイシャドウでは、複数のカラーがセットになっているけど、その中には全然使っていない色が含まれていることもあります。

そこでおすすめなのが、もともとセットされているケースから、コスメ本体の部分を取り外して、新たなケースにまとめてしまうこと。自分だけのメイクパレットを作るのがおすすめです。

まずは、メイクパレットにするケースを用意します。ケースにするものは、名刺入れやカードケース、CDやDVDのケース、手帳型のスマホケース、ペンケースなど、アイデア次第でなんでもOK。ただし中に入れたコスメを保護してくれる程度の強度を確保できるものを選びましょう。

アイシャドウやチークのパウダー部分は、シルバーの入れ物に入った状態で、ケースに収められています。まずは、このシルバーの入れ物をケース本体から外します。

ケースの裏側に、小さな穴が開いている場合は、そこにヘアピンや針などの細い物を入れて押し出すと、ケース部分が外れます。穴が開いていない場合は、ケース本体とシルバーの入れ物の境目で、ヘアピンなどを使ってテコの原理で持ち上げて外しましょう。

この外したシルバーの入れ物ごと、用意したメイクパレット本体に貼りつければ、自分だけのメイクパレットが完成です。貼り付ける時には、両面テープを使えば、簡単にできますよ。

パレットの内容を毎日入れ替えたい場合には、ケース本体とシルバーのケース両方にマグネットのシートを貼って、付けたり外したりできるようにすれば、簡単にセット内容を入れ替えられます。

2.リップパレットを自作する

ついつい何本も持ち歩いてしまうリップ。数を減らせばいいとわかっているけど、気分に合わせて選びたいから減らせない。たくさんのカラーを持ち歩きたいリップは、一つのパレットにまとめてしまいましょう。

用意するものは、リップ、ドライヤー、パレットにする容器。パレットにする容器は浅くてフタがしっかりしまるものを選びましょう。100円ショップでも購入できます。

パレットにお気に入りのリップを切り取って入れたら、ドライヤーで温めます。しばらくすると溶けてくるので、パレットの枠に収まるように形を整えてから、冷やせば固まります。

溶けた状態の時に色を混ぜて、オリジナルカラーを作る事もできます。リップとワセリンを混ぜることでグロスにすることもできるので、お蔵入りになっているリップや、色が濃すぎて使いづらいリップを自分好みにリメイクすることも可能です。

3.兼用コスメを使ってみよう

チークとリップや、アイブロウとアイシャドウなど、一つで二つの役割をこなせる、お役立ちコスメも数多く販売されています。そういったアイテムを利用することで、持ち歩くアイテムの数を減らすことができるので、試してみてはいかがでしょう?

おデブなコスメポーチを卒業するアイデアをご紹介しました。自作のメイクパレットは、誰でも簡単に作れます。パレットのケースをラインストーンやシールで飾ることで、見た目も中身もお気に入りのパレットが手に入るので、ぜひ試してみてくださいね。

振袖レンタル・振袖ご購入はまるやま京彩本部にお任せください

振袖におすすめネイル ヘアアクセコレクション