MKstyle
電話
来店予約

なりたい二重は自分で作る。おすすめグッズと使い方

labo-double-edged-eyelid

まるやま京彩本部

MK可愛いLABO

成人を迎える皆さんに、大人の ”可愛い” と ”おしゃれ” の情報を発信します。
トレンドをチェックして女子力アップ間違いなし!

image_hutae

ぱっちりした目元の二重まぶた。目が大きく見えて、目力も高まって、かわいく見えるから憧れますよね。

でも、残念なことに、自分は二重じゃないし。と諦めるのはまだ早い。

憧れの二重まぶたは、整形などしなくても、自分で作ることができるのです。ここでは二重まぶたつくりに役立つ、便利アイテムやその使い方をご紹介します。

 

自然な二重を作るには、自分にあった二重ラインをみつけるのが大切

いくら二重になれても、いかにも作りましたといった不自然な二重ラインでは、かわいいは作れません。

元から二重だったように見せるためには、その人の目の形にあった、二重の幅や形を見つけることが大切です。

二重ラインを見つけるには、柔らかいスティックや、二重メイク商品にセットされているピンなどを使用します。鏡を正面に置いて、まぶたの目じりよりの部分をスティックで軽く押さえてみます。位置や幅を変えながら、何度か試していくと、一ヶ所押さえるだけで、目頭から目じりまで二重のラインが入るポイントが見つかります。

これが、一番自然に見える二重ラインです。このラインを元に二重を作ると失敗なく自然に仕上がります。

image_eyelid1

 

二重まぶた作りといえばこれ「アイプチ」

アイプチの使い方は簡単です。

まずは、まぶたの油分をコットンでふきとります。こうすることで、アイプチの持ちがよくなります。その後、作りたい二重ラインを中心に半月状にアイプチを塗り広げます。このとき、薄くまんべんなく塗ると、不自然なひきつりがなく、ナチュラルに仕上がります。特に目頭と目じりの部分は塗り広げないよう気をつけましょう。

塗りたては、白く見えるアイプチが少し乾いてくると、半透明に変ります。半透明になったら、付属のプッシャーで作りたい二重ラインの上を押します。このとき、深く押し込みすぎると、プッシャーにアイプチがついて、よれたり、持ちが悪くなったりするので、軽く押さえるようにしましょう。

アイプチが完全に乾く前に、目じりや目頭の部分もプッシャーで押さえ、なりたいラインを作っていけば完成です。

image_eyelid2

 

芸能人にも愛用者が多数「メザイク パワーストリング 60」

ファイバーでできたテープを、二重ラインに埋め込むように貼り付けることで、理想の二重ラインにくびれを作り、思った通りの二重を作れるというこちらの商品は芸能人にも愛用者が多いとか。

使い方は、まぶたの油分をコットンなどでオフしたら、二重ラインを作りたいところに、メザイクをあてて、両端をひっぱります。すると粘着力のあるファイバーがでてくるので、これを、まぶたに埋め込むように押し付けながら貼り付けます。まぶたに貼り付けたら、長さが余った部分を切り取ります。

これで、憧れの二重まぶたが完成します。メザイクの部分にアイシャドウを塗ると、さらにナチュラルに仕上がります。

image_eyelid3

 

 

二重作りには、慣れが必要です。一度うまくできなかったからと諦めずに、何度も練習して、自分にあった二重を手に入れましょう。二重グッズを利用して、毎日二重ラインを付けることで、しっかりとクセがつき、本物の二重になる人もいます。

憧れの二重を目指してみてはいかがでしょうか。