MKstyle
店舗一覧
電話
来店予約

白い振袖に似合うコーディネート

white-furisode

まるやま京彩本部
白い振袖に合わせるコーディネート例

振袖は、柄や色によって印象がガラリと変わるものです。最近の成人式では、赤い振袖ピンクの振袖が定番カラーとなっていますが、じわじわと人気を高めているのが、白い振袖です。振袖の良さを最大限に活かすには、どんなコーディネートをすればベストなのでしょうか。ここでは、白い振袖のコーディネート例をいくつかご紹介します。

白い振袖が与える印象とは?

白い振袖のイメージ

白い振袖のイメージはまさに「純白」で、清純な印象を与えてふんわりと優しい女性を彩ってくれます。白い振袖は、成人式など若々しいイメージにもぴったりです。白がベースカラーになっていても、組み合わせたグラデーションの色合いによって雰囲気が真逆になるのも白の特徴。明るい色なら可愛らしい雰囲気に、シックな色ならクールでかっこいい印象になれます。

白い振袖の印象は、さし色で決まる

白い振袖の印象

白い生地の振袖は、柄のさし色によっても大きく印象が変わってきます。大ぶりの赤や黒の柄ならインパクトが強く、小ぶりの淡い色合いの花柄なら可憐で控えめな印象を与えます。紫や青がさし色に入っている場合は、大人っぽいクールな印象になり、ピンクやオレンジなどの鮮やかなカラーの柄は、元気でキュートな印象を与えるでしょう。
白い振袖を選ぶときには、自分がどんな雰囲気の装いになりたいかで、さし色に着目して選べば小物や帯も選びやすくなります。

白い振袖の小物の選び方

白い振袖に合わせる草履バッグや小物コーデ

白い振袖の場合、草履やバッグなどの小物は、振袖のさし色になっているカラーに合わせるようにしてみてください。
例えば、白い振袖に赤やオレンジの花柄が入っている場合には、帯は金系をセレクトし、髪飾りには赤やピンクのカラフルな花のかんざしをもってくるとバランスがよくなり、華やかな印象になります。
白い振袖に青い柄が入っているような場合は、帯には黒やグレイをもってきて、髪飾りにもヘッドドレスのようなものをチョイスすると大人っぽく凛とした、個性的な着こなしが出来上がります。また、ピンクや水色などの淡い柄が入っている場合は、帯は金系、帯揚げや帯締めはピンクにし、髪飾りには白をチョイスすると、可愛らしい印象に仕上がるでしょう。

白い振袖のコーディネートアドバイス

白い振袖に合わせる小物コーディネート

白い振袖は、ふんわりとした印象で優しい女性らしさを演出してくれますが、柄がシンプルなものでは、大人しくなりすぎてしまう傾向があります。全体的に華やかな印象にするか、それとも落ち着いた印象にするかどうかは、色づかいと柄の多さにかかっているといっても過言ではありません。
基本的には、柄の色に合わせて帯や髪飾りを選ぶようにしてみてください。例えばピンク系の色合いの柄が多い振袖の場合には、ピンクの髪飾りを選べばまとまりが良くなり、一色だけでなく、薄いピンクと濃いピンクを重ねづけすると、よりオシャレになるでしょう。

白い振袖は、清潔感と女性らしさがある振袖スタイルを目指す方にもおすすめのカラーです。他のカラーに比べると基本的にどんなさし色でも合うため、コーディネートしやすいでしょう。差し色に工夫を加えて、自分の印象にピッタリのコーディネートをしてみてくださいね。

振袖レンタル・振袖ご購入はまるやま京彩本部にお任せください