MKstyle
店舗一覧
電話
来店予約

友人の結婚式にも振袖でお祝いしよう

wedding_friends

まるやま京彩本部
友人の結婚式にも振袖でお祝いしよう

結婚式に招待された時に悩むのが服装。
一般的にはフォーマルなワンピースの方が多いようですが、着物、振袖も選択肢のひとつに加えてみてはいかがでしょうか?
和装はなんといっても日本の正装です。
振袖を着るということは、主役である新郎新婦だけでなく、ご両家のご両親様やご親族様に対しても失礼のない第一礼装なので、実は一番安心して着用頂けるお召し物なのです。

ここでは、結婚式に振袖をお召しになる際の注意点をまとめてご紹介いたします。

振袖は第一礼装

ご友人などの結婚式に参列される場合、ワンピースやドレスをお召しになる方が多いですね。
しかし、結婚式にふさわしい洋装には「白系のものは避ける」「履物はオープントゥのものは避ける」「あまり露出しすぎない」など様々なマナーとルールがあり、実はコーディネートが難しい。

知らずにマナー違反の装いをしてしまうと、ご自身が恥ずかしい思いをするばかりでなく、お招き下さった新郎新婦やご両家に恥をかかせてしまうことも……。
ハレの日にそんな失敗はしたくありませんね。
その点、振袖はどこに着ていかれても恥ずかしくない日本の正装ですので、自信を持ってお召しいただくことができます。

また、結婚式は男性のお召し物に黒系が多いため、その中で女性が華やかな色味の振袖をお召しになることは、会場をパッと華やいだ印象にするという効果もあります。

正統派の着こなしと和装メイク

会場を華やいだ雰囲気にする振袖も、アレンジがあまりに派手すぎると雰囲気を壊しかねません。
結婚式は、あくまでも新郎新婦が主役。
花嫁よりも派手になってしまわないように、正統派な着こなしを心がけるとよいでしょう。

また、振袖をお召しになる際のメイクは洋装のときとは少し変わってきます。
振袖によく映えるお肌を作るには、ラメなどが入っていないマットなベースをしっかり作り、普段よりワントーン白めにお肌を整えます。
リップも、ヌーディなカラーは避け、はっきりした色味のものが和装には似合います。
普段とは違う和服なりのヘアセット、メイクを楽しんでください。

立ち居振る舞いにも注目

せっかくの振袖、立ち居振る舞いやしぐさに気をつけることで、より美しい着姿になります。
まずは姿勢をよくすること。
ピンと背筋を伸ばすときっちりしたシルエットになり、着物映えもするように。
椅子に腰かけるときも、浅く座るようにすると、帯の結びをつぶさずに保つことができ、着崩れを防ぎます。

このときに気を付けたいのは、袖さばきです。
披露宴のお食事の際、テーブルの奥に置かれたグラスを手に取るときや二次会などの立食パーティーでは、袖がお料理についてしまわないように反対の手で袖をサポートしてください。
椅子から立ち上がるときにも、袖を足で踏んでしまわないようご注意を。

結婚式で振袖をお召しになる際に気を付けたいこと、お分かりいただけましたか。
着慣れないと心配なこともあると思いますが、日本の正装である振袖でいつもと違う自分を楽しんでみてはいかがでしょうか。