MKstyle
店舗一覧
電話
来店予約

今年こそ、テカらない肌を手にいれる

summer-make

まるやま京彩本部

MK可愛いLABO

成人を迎える皆さんに、大人の ”可愛い” と ”おしゃれ” の情報を発信します。
トレンドをチェックして女子力アップ間違いなし

日に日に日差しも強くなり、汗ばむような陽気になることも増えてきました。気温が高くなってくると気になるのが、顔のテカリですよね。顔がテカってしまうと、メイク崩れの原因にもなるし、どんなに気合を入れたメイクも台無しになってしまいます。

そんな憎きテカリを撲滅し、テカらない肌を手にいれる方法をご紹介します。

1.どうしてテカってしまうの?

そもそも暑くなってくると、テカリが目立ってしまうのはどうしてなのでしょうか?顔のテカリは、汗と皮脂のせいで起こっています。暑くなってくると汗をかくことが増えるので、必然的にテカってしまうことも増えてしまうのです

汗が原因のテカリを防止するのは、汗をかかないのが一番ですが、暑い夏に汗をかかないなんて無理ですよね。汗をかいたら、すぐにタオルやハンカチでしっかりと拭き取り、汗を放置しないことがテカリ防止に大切です。

皮脂が原因の場合、大抵は肌の皮脂分泌が過剰になってしまっているため、テカリやすくなっています。皮脂が多くなってしまうのは、年齢や体質などの仕方ないことが原因の場合と、乾燥などの肌トラブル、ストレスや食習慣などが影響している場合が考えられます。

暑い時期は、汗と皮脂の両方の影響を受けるので、他の季節よりもテカりやすい時期だといえるのです。

2.皮脂分泌を減らして、テカリを防ぐ方法とは?

皮脂が過剰に分泌されていることが、テカリの一因になっています。それでは、どうしたら皮脂の分泌を減らし、テカらない肌を手に入れることができるのでしょうか?

・乾燥肌を改善して、皮脂分泌をコントロールする

肌には、乾燥していると、皮脂を分泌して保湿効果を得ようとする働きがあります。そのため肌が乾燥していると皮脂が大量に分泌されてしまうのです。

自分がテカリやすいと思っている人や、オイリー肌だと感じている人に多いのが、オイリーだから、化粧水は使うけど乳液やミルクは、余計に油っぽくなりそうだし使わないという考え方の人です。はっきりいってしまうと、この考えは間違っています。

化粧水で肌に水分を与えるだけでは、その水分はすぐに蒸発してしまいます。与えた水分が蒸発しないように、乳液などでフタをしてあげることで初めて保湿効果を得ることができます。乳液を使わなければ、乾燥肌が治らず、余計な皮脂が分泌され続けるのです。

ほかにも、洗浄力が強すぎるクレンジングや洗顔料を使用してゴシゴシと強く洗顔していたり、洗顔の時に熱いお湯を使っているのも乾燥の原因となります。テカリが気になる場合には、今のスキンケアに問題がないか見直すことからはじめてみましょう。

・生活習慣を改善して、皮脂の分泌をコントロールする

チョコレートやナッツなどの油脂分が多い食べ物を摂りすぎたり、寝不足が続いていたり、ストレスが溜まっている生活が続いていると、自律神経の働きが鈍くなりホルモンバランスが乱れやすくなります。ホルモンバランスが乱れると、皮脂分泌を活性化させる男性ホルモンの働きが活発になりテカリ肌になりやすいのです。

3.脂取り紙は逆効果?

テカリが気になるから脂取り紙を使うと、油分が吸い取られてサラサラな肌になるし、テカリもおさまるので、一日に何枚も利用するという人も多いのでは?

確かに油とり紙には、テカリを抑える効果があります。しかし、使いすぎると肌を守るバリア機能としての役割がある皮脂をとりすぎてしまいます。そうなると、余計に皮脂が分泌される原因になるので、何度も使うのはやめましょう。

テカリが気になった時は、ティッシュで優しく油分を抑えるといいでしょう。ティッシュでも十分に余分な皮脂を取り去ることができます。

暑い時期に気になるテカリは、汗と皮脂分泌が多すぎることによって発生してしまいます。正しいスキンケアと、きちんとした生活習慣で、皮脂分泌の量を整えてあげることが、テカリ防止には大切なのです。