MKstyle
店舗一覧
電話
来店予約

ピンクの振袖に似合うコーディネート

pink-furisode

まるやま京彩本部
ピンクの振袖に似合うコーディネート

振袖は色によってイメージは変わるものです。ピンク色は定番カラーのひとつ。着られる方も多いと思いますが、ピンクの振袖はどんなコーディネートをすれば良いのでしょうか?今回は、ピンクの振袖が与える印象と、おすすめのコーディネートについてご紹介します。

ピンクの振袖が与える印象とは

ピンク色の振袖

ピンクは女性らしい愛らしさを表現してくれる色で、振袖の定番カラーの中でも赤い振袖に次いで人気のある色。その色味によってまた印象が変化するのも魅力です。
ビビットなピンクではポップで若々しい印象、サーモンピンクは肌なじみが良く元気な印象、落ちついた桃色は上品な印象を与えます。ピンクの色合いの幅はとても広いので、その色合いによって、着こなしを変えていくといいでしょう。

また、「ピンクの振袖を着たいけど、大人っぽく見せたい」という方は、黒色の柄が入った振袖を選ぶのがおすすめ。ピンクと黒を組み合わせることでシックな雰囲気にまとまり、大人っぽく見せることができます。

ピンクの振袖に合わせたい帯

ピンク色の振袖に合わせる帯

髪飾りをはじめとした小物の選び方は、振袖の柄に合わせるのが基本です。
例えば振袖の柄が花柄なら、同じ花柄のものや、花をモチーフにした髪飾りをチョイスするととてもキレイにまとまります。

帯は、ピンクの色合いにもよりますが、金、銀、白、黒、赤など多くの色がよく合うので、どれを選んでも失敗は少ないと言えるでしょう。柄が伝統的な古典柄の振袖には古典柄の帯を合わせ、洋風モダンな柄には同じテイストの帯を合わせるなど、テイストが同じ帯を選びましょう。
ただし、薄めのピンクに濃いピンクなど、ピンクにピンクを合わせると全体的にぼやけた印象になるので、帯の柄に挿し色で水色や赤などインパクトの強い色を選ぶといいでしょう。

帯揚げや帯締めにはカラフルで春を連想させるその色合いが、希望や初々しさを演出します。

ピンクの振袖に似合う小物の選び方

ピンク色の振袖に合わせる小物の選び方

振袖の場合は上品なピンクが多い傾向にありますが、ビビットな色合いのものも増えています。振袖の印象や色合いに合わせて小物を選ぶようにしましょう。

上品な桃色の振袖なら、髪型はしっかりとアップし、かんざしなどの和風小物を装飾します。帯も上品な色合いを合わせて、メイクは優しくふんわりとしたイメージに。全体的に和風で清楚な仕上がりにすることで、ピンクの上品さがよく映えるでしょう。
ポップな印象を受ける濃い目のピンクの振袖なら、髪飾りはボリューミーに、帯には濃いめの金やクールな銀をチョイスすると、とても華やかに仕上がりになります。

ピンクは薄い桃色からビビットな濃いピンクまで、その色合いは様々だと言えます。
振袖の色合いや柄によって印象が変わるので、和風な雰囲気でまとめて上品な装いにすることもできますし、流行りのデザインの振袖を選んで若々しく華やかにまとめてもいいでしょう。
また、振袖だけでなく髪型や小物などでも雰囲気が変わります。どんなイメージに仕上げたいかを考えながら、振袖のコーディネートを決めていきましょう。