MKstyle
店舗一覧
電話
来店予約

水色の振袖に似合うコーディネート

light-blue-furisode

まるやま京彩本部
水色の振袖に似合うコーディネート

振袖は、どんな色を選ぶかで与える印象は大きく変わります。可愛らしい印象が好きな方なら定番の振袖と言えば赤やピンクですが、水色の振袖好んで着る方もいらっしゃいます。
水色の振袖の魅力を最大限に引き出すには、どんなコーディネートが合うのでしょうか?ここでは、水色の振袖に似合うコーディネートの例をご紹介していきます。

水色の振袖が与える印象とは?

水色の振袖が与える印象について

水色は振袖の人気カラーのひとつですが、その中でもしっかりと印象に残る色です。淡いカラーでまとめるととても可愛く、ピュアで透き通ったイメージを与えてくれます。控えめな印象ながらも誰とも被らないようなスタイリングが実現するでしょう。結婚式にお呼ばれした際や、成人式に参加するのにもぴったりのカラーです。

水色の振袖の色の合わせ方

水色の振袖に合わせる帯揚げや帯締め、半衿

水色がベースとなっている振袖は、単体ではすごく可愛らしいけれど「帯や小物など、何色を合わせたら良いか分からない」とお悩みの方も多いかもしれません。水色は他の色との合わせ方によって印象が大きく変わります。
例えば、帯や小物類を白で統一すると清楚で大人しい、年配の方からの印象が良い着こなしになるでしょう。そこにピンクを取り入れると可愛らしい印象がプラスされます。水色の振袖、帯とショールに白、帯揚げや髪飾りにピンクを散らすことで全体的にふんわりとしつつまとまりが出るでしょう。モダンな印象を出したいなら帯揚げにレースなどの生地を選んでも良いですね。

また、水色の振袖は朱色とも相性抜群です。重ね衿や帯締めに朱色をさし色として入れると引き締まった印象になります。紫や濃い青と組み合わせてもしまりが出ます。帯締めや帯揚げに紫、草履には濃い青など、寒色を取り入れるとクールで大人っぽい印象になるのでぜひ取り入れてみてください。

水色の振袖のコーディネートアドバイス

水色の振袖に合わせる小物コーディネート

水色の振袖は淡い印象を目指せばまとめやすい色です。白、ピンク、朱色などが水色の振袖に合わせるカラーの定番となっています。
大人っぽくしたいという方は、濃い目のカラーを小物などに積極的に取り入れると良いでしょう。
また、水色の振袖の場合、ふんわりとしたキュート系メイクがおすすめです。赤や黒の振袖では濃い目のメイクがよく映えることもありますが、水色ではあまりおすすめできません。
せっかくの振袖姿だからとメイクもはりきりがちですが、振袖が淡いのに濃いメイクをしてしまうと顔ばかりが浮いてしまうことになりかねません。
淡い印象を与える水色の振袖は、ネイルもナチュラルなものがぴったり♪。特に、桜色や白系のネイルがよく似合います。振袖の柄にもよりますが、和柄をネイルに取り入れるとオシャレですね。

水色の振袖は人気がありますが、個性を出したいという方でも十分楽しめる1枚。暖色系が多い成人式でも目を引くこと間違いなしの水色。さし色や小物使いで自分流のコーディネートを楽しんでみてはいかがでしょうか。