MKstyle
店舗一覧
電話
来店予約

冬太り解消にヘルシースナッキングでダイエット

healthy-snacking

まるやま京彩本部

MK可愛いLABO

成人を迎える皆さんに、大人の ”可愛い” と ”おしゃれ” の情報を発信します。
トレンドをチェックして女子力アップ間違いなし

ダイエットといえば、過酷な運動をしたり、食べたい物を我慢する食事制限をしたり、つらくて大変なイメージですよね。特に大好きなおやつを我慢しないといけないのは、つらすぎる。そんなあなたにおすすめなのが、ヘルシースナッキングダイエットです。

ヘルシースナッキングとは、三食の食事を少し軽めにして、食事の間に健康的な間食をすることでやせられるという、おやつ好きには魅力的すぎるダイエット方法。

あのミランダ・カーが実践している方法ということで話題になり、多くのセレブが取り入れているみたい。そんな今話題のヘルシースナッキングについてご紹介します。

1.ヘルシースナッキングとは

一日3度の食事をきちんと摂る。小さいころから当たり前に信じてきた健康法ですが、最近では、3度の食事よりも、1日に6回程度、軽めの食事を摂るほうが、肥満になりにくいという研究結果が出ています。

一日に3度の食事では、食事と食事の間に時間が空きすぎてしまい、血糖値が下がりすぎてしまうため、それを改善しようと、次の食事で必要以上に食事を摂取してしまいます。その結果、血糖値が急上昇し、糖を処理するために分泌されるホルモン「インスリン」が大量に増加します。

このインスリンが増加すると、糖や脂肪がたまりやすくなり、インスリンの働きで血糖値が急降下するため、その後すぐにお腹が減り、また食べてしまうという悪循環になります。

一度の食事量を軽くして、その分を間食で補うようにし、一日6食にするのがヘルシースナッキングです。食事回数を6回に分けることで、急激な血糖値の増減を避けられるため、インスリンの大量分泌を防ぐことができます。

血糖値やインスリンの量をコントロールすることで、空腹になりにくくなり、やせやすい体質を作っていくことができるのです。

img_-healthy-snacking_01

出典 http://yasepuri.jp

2.ヘルシースナッキングのやり方

ヘルシースナッキングは、朝食と昼食の間、昼食と夕食の間など、ちょっと小腹が空いたかなと感じるタイミングで200カロリー程度の間食を取り、食事と間食を合わせて、1日5~6回食べることで、ドカ食いを防ぎ、食べる量をコントロールします。

お腹が空きすぎる前に、間食を取ることが成功の秘訣になります。
食事は、血糖値を上げづらい食材を選ぶようにします。鶏むね肉や、豆腐などの大豆製品、野菜や果物など、タンパク質や食物繊維が多いものがおすすめです。逆に血糖値をあげやすい、甘いものや糖質が高いものは避けるようにします。

間食は一回200カロリー程度に抑えるようにします。ナッツやドライフルーツなら片手に乗るくらいの量を目安にすると、食べ過ぎてしまう心配がありません。

間食に食べるのは、ビタミンやミネラルが多く含まれている物を選びましょう。またしっかりとした噛みごたえがあるものを選べば、腹持ちが良くよりダイエット効果が高まります。

おすすめの間食は、ビタミンやミネラル豊富なナッツ類、噛みごたえのあるスルメやごぼうなどの野菜チップス、腸内環境を整えてくれるプレーンヨーグルトなどもおすすめです。

最近では、ヘルシースナッキング向けのおやつやグラノーラバーなどの商品も多数販売されています。コンビニなどで手軽に買えるものも多いので、気軽に取り入れることができそうですね。

img_-healthy-snacking_02

出典 https://mamapress.jp

3.ヘルシースナッキングの注意点

一日3食を6食にするということは、口の中に食べ物が入っている時間が長くなるということです。そのため、歯のケアは今まで以上にしっかり行うことが大切です。

せっかく理想のスタイルを手に入れても、笑顔から覗く歯が虫歯だらけでは残念すぎます。お口のケアも忘れずに取り入れていきましょう。

img_-healthy-snacking_03

出典 http://www.green-shika.info

ダイエットといえば、空腹感を我慢するのが大変というイメージですが、ヘルシースナッキングなら、お腹が空く前に間食するので、空腹感を感じずにダイエットすることができます。食べて痩せるなんて、魅力的すぎますよね。

最近ではヘルシースナッキング用の食事やおやつも多数販売されているので、うまく取り入れて、冬太りを解消してみてはいかがでしょうか。