MKstyle
店舗一覧
電話
来店予約

ほんとに似合ってる?って不安を解消。似合う帽子とかぶり方

hat-fashion

まるやま京彩本部

MK可愛いLABO

成人を迎える皆さんに、大人の ”可愛い” と ”おしゃれ” の情報を発信します。
トレンドをチェックして女子力アップ間違いなし

日差しがぐっと強くなって、夏が近づいてくるこの時期、紫外線や日焼け、暑さ対策にも使えるのが帽子です。もちろん実用的なだけでなく、コーディネートをワンランクアップさせてくれるので、ファッションアイテムとしても優秀。

そんな便利アイテムの帽子ですが、普段かぶりなれていないと、このかぶり方であってるのかな?とか、ちゃんと似合っているのかな?と不安になってしまいますよね。そこで、今回は似合う帽子の選び方と、それに合わせた正しいかぶり方についてご紹介します。

1.顔型別おすすめの帽子

帽子をかぶることで、輪郭の気になるところをうまくカバーできます。そこで顔型別におすすめの帽子をご紹介します。

丸顔

帽子との相性がよく、比較的どんな形の帽子も似合います。ただし丸顔を隠したい場合には、帽子の角が角ばっているタイプを選ぶと顔の丸さを強調してしまうので避けたほうが無難です。

帽子をかぶる時には、深めにかぶったり、前の部分をもちあげておでこをだすように角度をつけるなど、縦のラインを強調すると、バランスがよくなりスッキリと見えます。

面長顔

比較的どんな帽子の型も似合いますが、ハットやニット帽など高さがあって縦ラインを強調してしまうような帽子よりも、高さのない浅めのタイプがおすすめです。高さのある帽子をかぶる時には、深めにかぶるなどして高く見せない工夫をしましょう。

また大きな飾りなどのワンポイントがあると、そこに注目してしまい、縦長ラインが強調されます。そのため飾り気のないシンプルな帽子が似合います

逆三角顔

シャープなあごが特徴の逆三角顔の方には、帽子のトップ部分が平らなものより丸みを帯びているものが似合います。帽子の丸いシルエットによって、あごのシャープな印象が薄れ、可愛らしい雰囲気に仕上がります。

また帽子のツバが狭く、深めにかぶれる帽子を選びましょう。帽子を深くしっかりかぶったほうが、バランスがよくなります

四角顔

おすすめは、大ぶりでボリューム感のある帽子です。正面から見て、顔の幅よりも大きいくらいのツバがある帽子や、ワンポイントに大振りの飾りがついているものなどボリューム感のある帽子を選ぶと、顔の輪郭が目立たなくなり、小顔効果やエラ隠し効果が得られます。

逆にシンプルで飾りのないものや、ツバの幅が狭い帽子は輪郭を目立たせてしまうのでやめましょう。

2.シチュエーション別おすすめの帽子

帽子をかぶりたいシチュエーション別に、おすすめの選び方をご紹介します。

日焼け、紫外線対策に帽子をかぶるなら

顔に影を作ることが何より重要です。そのためツバ広の帽子を選びましょう。ツバが顔側に向かってカーブしているタイプは、顔全体に影を作ってくれるので特におすすめです。

暑さ対策に帽子をかぶるなら

麦わら帽子がおすすめです。天然の麦わら素材で作られており、かいた汗の湿気を吸収して、蒸発させることで気化熱を発生させます。その結果、体感温度が下がり、暑さを和らげてくれる効果があります。逆に熱がこもりやすいのはポリエステル素材の帽子です。暑さ対策には向かないので注意しましょう。

3.帽子別おすすめのかぶり方とは?

キャップ型帽子

ツバ部分をまげてアーチを付けることでカジュアルなキャップがスマートな印象に変わります。キャップは浅くかぶると明るくかわいらしい印象、深くかぶるとボーイッシュな印象になります。

ハット型帽子

ハットを前に倒して深めにかぶるとクールな感じに。後ろに倒してかぶるとかわいらしい感じになります。また、軽くのせる感じで浅くかぶるとこなれた感じを演出できます。

出典 https://www.pakutaso.com

夏にかかせないアイテム、帽子の選び方とかぶり方をご紹介しました。かぶり慣れていないと、挑戦するのに勇気がいるアイテムですが、かぶるだけで、おしゃれ度もグッとアップするので、早速毎日のコーディネートに取り入れてみてはいかがでしょうか。

振袖レンタル・振袖ご購入はまるやま京彩本部にお任せください

振袖におすすめネイル ヘアアクセコレクション