MKstyle
店舗一覧
電話
来店予約

美髪への近道!ドライヤーにかかる時間を短縮する方法

hairdryer-beauty

まるやま京彩本部

MK可愛いLABO

成人を迎える皆さんに、大人の ”可愛い” と ”おしゃれ” の情報を発信します。
トレンドをチェックして女子力アップ間違いなし!

お風呂に入るのは好きだけど、お風呂上りに髪を乾かすのはちょっと面倒ですよね。

特にロングヘアの人は、乾かすのに時間がかかってしまうし、ドライヤーを持った腕を、ずっと頭上に上げておくのは意外と重労働です。かといって、髪を濡れたままにしておくと、髪が痛んでしまうので、濡れたまま放っておくわけにもいきません。

毎回、面倒だなぁっと思いながら、ドライヤーをかけている人も多いはず。そこで、今回は、ドライヤーで髪を乾かす時間を短縮できる方法をご紹介します。

1.ドライヤーの前にしっかりタオルドライする

基本中の基本ですが、ドライヤーを使う前に、タオルで髪の水分を取っておくことで、ドライヤーを使う時間を短縮します。

まずはマッサージをするようにして、頭皮の水分をふき取ります。その後タオルで毛束をはさむようにして水分を取っていきます。ある程度水分が取れたら、目の粗いクシで溶かすと、髪の水分が毛先に溜まってくるので、それもタオルで吸い取ります。

これだけで、髪に含まれる水分量がグッと減るので、ドライヤーにかかる時間が短縮できます。さらに時短したい場合には、タオルドライ後にキッチンペーパーを使って水分をふき取ると、タオルよりも水分の吸収力が高いので、ペーパー一枚でかなり水分が吸収でき時短になります。

また、お風呂上りに脱衣所や洗面所で髪を乾かす人が多いと思いますが、お風呂上がりの脱衣所は、湿気が多く湿度が高い状態です。この状態だと、髪の水分が蒸発しづらく乾きにくいため、ドライヤーは部屋に戻ってからかけたほうが、早く乾きます。

img_hair-01出典 http://news.livedoor.com/

2.吸水性のいいタオルを使う

最近話題になっているのが、タオルを水に浮かべると1秒で沈み始めるほどの吸水性がある1秒タオル。タオルをあてるだけですぐに水分を吸収してくれるので、ドライヤーの時間が短縮できます。

1秒タオルは、商品名をホットマンタオルといい、ヘアドライ用のタオルが2,000円程度で販売されています。ドライヤーの時間が一気に短縮できるので、使ってみる価値ありのタオルです。

img_hair-02出典 https://iemo.jp/

3.乾いたタオルをかぶって、ドライヤーをかけるタオルサンド法

タオルドライした髪のうえから、乾いたフェイスタオルをかぶった状態でドライヤーをかけるのが、タオルサンド法です。

髪の水分が蒸発して、タオルに吸収されます。タオルに吸収させた水分を、ドライヤーの熱で蒸発させます。髪よりタオルのほうが表面積が広く、乾きやすいため、普通にドライヤーをかけるより、半分の時間で髪が乾きます。また、ドライヤーの熱が直接髪にあたらないため、ダメージも抑えることができます。

img_hair-03出典 http://by-s.me

4.ヘアドライ手袋を使う

100円ショップで売っている、ヘアドライ手袋を使ってドライヤーをかけるのもおすすめです。吸水性のよいマイクロファイバーでできている手袋なので、これで髪を動かしながら、ドライヤーの温風を当てると、乾くまでの時間が半分くらいになります。

早く乾かせるだけでなく、ネイルアートでストーンなどを付けている時に、髪がひっかかることがなくなります。100円で気軽に試せるので、早速取り入れてみてはいかがでしょうか。

img_hair-04出典 https://moteco-web.jp

5.スプレーするだけで、髪が早く乾く?「サボリーノの速く乾かスプレー」

速乾性のエタノールとガスを配合しており、水分をより蒸発しやすくしてくれるスプレーです。

お風呂上りの濡れた髪にスプレーするだけなので、簡単に使うことができます。このスプレーには、トリートメント効果も配合され、仕上がりはするするの指通り。またフルーティーハーブの香りで、ヘアコロンの効果もあります。

img_hair-05出典 http://blog.mutv.jp/

ドライヤーの時間を短縮する方法をご紹介しました。ドライヤーの時間が短くなれば、時短になるのはもちろん、髪のダメージも減るし、電気代も安くなるし、いいことづくめです。早速今夜から試してみてはいかがでしょうか。