MKstyle
店舗一覧
電話
来店予約

もう失敗しない「美容院で上手にオーダーする秘訣」

hair_style

まるやま京彩本部

MK可愛いLABO

成人を迎える皆さんに、大人の ”可愛い” と ”おしゃれ” の情報を発信します。
トレンドをチェックして女子力アップ間違いなし

美容院に行って、なりたいヘアスタイルを伝えたのに、想像と全然違う仕上がりになってしまった。気に入らないヘアスタイルになってしまったら、簡単には直せないし、髪が伸びるまでそのままやり過ごすしかなくて憂鬱。誰でも一度はそんながっかりする経験をしたことがあるのではないでしょうか?

自分の頭の中に思い描いているヘアスタイルを、美容師さんにうまく伝えるのって難しいですよね。今回は、美容院で上手にオーダーするコツについて考えてみます。

1.なりたいイメージのファッションで行く

美容院に、どんな服装で行っていますか?近所のお店だから、美容院に行くだけだからと、ちょっと手抜きファッションをしていたり、その後に出かける予定があって、いつもとは違うテイストのスタイルをしていたりすることもあるのではないでしょうか。

髪を切るだけだし、どんな服装でも問題ないような気がしますが、美容院で失敗しないためには、ファッションが大切なのです。

なぜなら、美容院のスタイリストさんは、お客さんの服装やメイクからその人の好みや、普段のヘアセットの状態、なりたいイメージなどを想像しています。そのため、いつもと違う服装だと、いつもの自分とは違った印象を持たれてしまうことになります。

いつもと違う印象を持たれることで、なりたいヘアスタイルと仕上がりイメージにギャップが生じてしまうことになってしまいます。

美容院には、いつもの服装。もしくは、新たになりたいと思っているイメージの服装やメイクで訪れると失敗するリスクがぐっと減るのです。

img_-hair_style_01

出典 https://gakumado.mynavi.jp

2.切り抜きは複数枚用意

オーダーの際に、雑誌の切り抜きを持参したり、スマホの画像を使って、なりたいヘアスタイルを伝える人も多いと思います。なりたいイメージそのものを、間違いなく伝えられるので、一番失敗しないオーダー方法だといえるでしょう。

ただし、横顔やアレンジしている状態だけの画像では、正面のスタイルや、アレンジしていない時のスタイルが、思っていたのと違うといった事態がおきてしまいます。正面のスタイルがわかる切り抜きを用意しましょう。

また、1枚だけ持参するよりも、なりたいイメージに近いものを3枚程度用意していくと、細かいニュアンスまで伝わりやすくなり、イメージ通りの仕上がりに近づきます。

img_-hair_style_02

出典 http://www.milkomotesando.com

3.〇cm切ってくださいはNGワード

3センチカットしてください。なんてオーダーしたことありませんか?センチで指定すれば、間違いないし失敗しないはず。と思われているのですが、意外にも落とし穴が潜んでいるオーダー方法なんです。

まず、〇cm切ってだけではどの部分からカットするのかが不明です。またまっすぐに切りそろえたおかっぱ頭でもない限り、バック、サイド、顔周りといった部分で元の髪の長さは違います。それを一律で〇cm切るのか、顔周りだけ切るのかといったことがわかりません。

〇cmカットとお願いする場合には、合わせて、仕上がりのなりたいイメージをきちんと伝えることが成功の秘訣になります。

img_-hair_style_03

出典 http://www.fforts-h-air.com

4.「お任せします。」ってありなの?

お任せします。と言ったら、自分に似合う、素敵なヘアスタイルにしてくれるのではないかしら?そう思うけど、実際に頼むのは、ちょっと不安もありますよね。

お任せでオーダーする時に失敗しない秘訣は、自分のなりたいイメージと、これだけは絶対に嫌ということをしっかりと伝えることです。

大人っぽく。かわいいよりキレイな感じ。清楚なイメージでといった、自分がなりたいイメージと、前髪は作りたくない。分け目は変えたくない。ショートカットは嫌といった、自分の中で絶対に譲れないこだわりを、しっかり伝えておきましょう。

また、普段はアップにしていることが多いとか、ヘアセットが苦手といった、自分のライフスタイルについても伝えておくと失敗がありません。

img_-hair_style_04

出典 http://gathery.recruit-lifestyle.co.jp

美容院で失敗しない注文方法についてご紹介しました。なりたいヘアスタイルがあるのに、なぜかイメージと違う仕上がりになってしまうという方は、これを参考にしてみてはいかがでしょうか。