MKstyle
店舗一覧
電話
来店予約

「スタイルがいい」とはどういうこと?

good-body-shape

まるやま京彩本部

MK可愛いLABO

成人を迎える皆さんに、大人の ”可愛い” と ”おしゃれ” の情報を発信します。
トレンドをチェックして女子力アップ間違いなし!

皆さんはもし、「どんな人がスタイルが良い人なのか」と聞かれたら、どのように答えますか?おそらく日本人女性的な目線で考えてみた場合、スラっと伸びた細い手足に華奢な体格、無駄な脂肪がなくスリムな体型を思い浮かべる人が多いと思われます。

私も日本人の女性としての美的感覚を持った一人ですから、そのようなモデル体型こそスタイルが良いと思ってしまいがちなのは理解できます。しかし、本当にそう思うことは「自然」なことなのでしょうか。

「美」の基準は何なのか

そもそも、なぜ私たちはスリムな瘦せ型こそが良いスタイルであると思い込んでいるのでしょうか。その基準は絶対に揺らがないのでしょうか。

もちろんそんなことはありません。そもそも美の基準というものはその時代背景に合わせて変わっていくものです。平安時代には下膨れのぽちゃっとした顔の女性が美人とされていたわけですから、これからも大幅に変わっていくことでしょう。今美しいとされているものは永遠ではないということです。

では現在、美の基準は何に合わせられているかというと、それは間違いなく「白人至上主義」であると言えます。長い手足を持っている白人(コーカソイド)の体型に憧れを持つ日本人も多いですよね。それはその姿形こそが美しいのだという刷り込みを日々受けているからといえるでしょう。

また、テレビや雑誌等のメディアに出てくるモデルやアイドルの体型に憧れを持つ人も多いようです。モデルやアイドルというのは社会的な美のアイコンのように見えますから、それを頻繁に見ていれば「そうならなくてはならない」という、これも一種の刷り込みを受けてしまいます。

そして、最近ではSNS上でそのような美の基準に異議を唱える人々を見かける機会が増えてきています。

ボディシェイミングについて知ろう

どのような異議かというと、「みんなそれぞれ異なる身体を持っているのだから、ボディシェイミングはやめてそれぞれの体型を誇りに思うようにしよう」というものです。ボディシェイミングというのは「他の人々の体型と比較して自分の体型を劣っていると思い、恥じること」です。

そして、自分の体型を受け入れて愛していくとともに、他人の体型を太っているなどと非難するのはやめようということも同時に言われています。太っている人のことを、その体型を持ってして侮辱することは「ファットシェイミング」と呼ばれています。

「太っているのは甘え」、「太っている人は自己管理ができていないということであり、そういった人は仕事もできない」、「太っているのに露出するのはみっともない」など、しばしばこれらの偏見を元にしたような発言を耳にしますが、これこそがファットシェイミングです。

人にはそれぞれ体質や環境があるため、すべての人が体重・体型をコントロールできるとは限りません。生まれつき太りやすい人もいれば、太りやすい体質になってしまった人もいるし、飲んでいる薬が影響して太りやすいという人もいます。それらの個人的な事情を皆が各々に抱えているのにも関わらず、それらを無視してファットシェイミングな発言をするのはとても無神経で差別的です。

なぜ以上のことが話題になるようになったのかといえば、もちろん誰の体型も他人によって侮蔑されてはならず、個人が自分の体型を受け入れることによって自己肯定感を高めていくべきという考え方がだんだんと広まりつつあるからです。

InstagramなどのSNSでも「chubby(ぽっちゃりとした体型)」、「thick(厚みがあり、曲線的な体型)」という単語がポジティブな意味で使われているのが沢山見られます。現在はまだ日本語でのボディシェイミングへの言及を見かけることは少ないですが、これからその意味が広がっていくことでしょう。

まとめ

自分の身体というものは一生付き合っていくものです。理想の体型に向けて努力することも自己肯定感を高めて自分を大切にする方法の一つかもしれませんが、それにも限界があると思います。

そのためにも、たとえ美しいとされている体型とかけ離れていても、まずは自分の身体を受け入れてあげるべきなのではないでしょうか。あなたの体型は、無理をしていないそのままの状態で美しいのです。人になんと言われようと、それは揺らぎません。

また、他人の体型について何か発言する場合は、それがどのような意味を持つのか考えてから発言したいものですね。

振袖レンタル・振袖ご購入はまるやま京彩本部にお任せください