MKstyle
店舗一覧
電話
来店予約

振袖で結納をする時のマナー

furisode_manner

まるやま京彩本部
振袖で結納をする時のマナー

結納で振袖を着用する時、成人式や卒業式、結婚式に列席する際とは着こなしのルールが少し異なることをご存じですか。
ここでは、結納で振袖を着用する際のマナーやコーディネートについてご紹介します。

結納は、正装と言われる振袖で執り行う

結納は、正確には「結納式」や「結納の儀」と言い、結婚前に両家が契りを交わすとても厳粛なセレモニーです。
近年では結納を省略し、両家の顔合わせを兼ねた食事会などで済ませる方も多く、そういった場合の服装は、スーツやワンピースでセミフォーマルの装いでも問題ありません。
しかし、正式に結納を執り行う場合には、格式的にも問題のない振袖をお召しになることをおすすめします。
結納の際は、記念撮影を行うことが通例ですので、両家の記念すべき写真にしっかりとした正装で収まりましょう。

結納の際に最適な髪形

初詣や成人式、ご友人の結婚式にお呼ばれした際などには髪型に制約はありませんので、思い思いのヘアアレンジを楽しんでいるかと思います。
しかし、結納は厳粛な儀式ですので、派手で華美な髪形は控えた方が良いでしょう。
最近では、髪を派手にアップすることを「盛る」と言いますが、結納の場合はあまり盛り過ぎず、シンプルなまとめ髪で清潔感のあるスタイルに。
メイクもヘアスタイルと同様に、一般的に好感をもたれやすい爽やかで清楚な雰囲気を心がけて。
ご高齢の方はまだまだ常識を重んじる傾向にありますので、派手になりすぎないよう細心の注意を払いましょう。

振袖を結納で着用する際のマナー

結納で振袖をお召しになる場合、髪形やヘアメイクと同じように、華美になり過ぎない着こなしを心掛けて下さい。
重ね衿、帯締め、帯揚げ、帯飾りなどもシンプルで上質なものを選びます。
上品な装いをすることで、相手方のご両親の印象も良くなるでしょう。
振袖の柄は古典柄の振袖がおすすめです。
鶴亀や松竹梅などおめでたい柄を選ばれる方が多いようです。

振袖を着用する旨を事前に先方に伝えましょう

振袖を着用する際は、その旨をあらかじめ先方に伝えしておく必要があります。
近年では、正式な結納ではなく、略式結納を行う場合も少なくありません。
結納の場合は正装が必須ですが、略式結納の場合は準礼装や略礼装となります。
女性はいずれの場合も振袖で問題ありませんが、服装の格が両家で違ってしまうと、お相手方に気まずい思いをさせてしまうかもしれません。
衣装を準備する期間を考慮して、結納の一ヶ月以上前に両家で話し合っておくと安心です。

結納は厳粛な儀式ですので、自分の着たい振袖を自由に選ぶことは避け、結婚式や披露宴では、思う存分華やかに着飾ることができますので、結納では清楚な雰囲気にまとめましょう。

振袖レンタル・振袖ご購入はまるやま京彩本部にお任せください