MKstyle
店舗一覧
電話
来店予約

目の下をぷっくり可愛く♡涙袋メイクに挑戦しよう

eye-bag-makeup

まるやま京彩本部

MK可愛いLABO

成人を迎える皆さんに、大人の ”可愛い” と ”おしゃれ” の情報を発信します。
トレンドをチェックして女子力アップ間違いなし!

目の下にぷっくらした涙袋があると、それだけで女子っぽくかわいく見えます。

生まれつきぷっくりした涙袋を持っていればラッキーですが、残念ながら持っていないなら、メイクで作ってしまえばいいのです。

今回は、メイクで作れる、ぷっくり涙袋についてご紹介します。

 

涙袋があると、どうしてかわいく見えるの?

そもそも涙袋があると、どうしてかわいさがアップして見えるのでしょうか?それには理由があります。

涙袋があることで、実際の目にプラスして涙袋の部分までが目として認識されるので、実際よりも目が大きく印象的に見える効果があります。

また、目元が立体的に見えることで、顔全体の凹凸も強調され、小顔効果も得られます。

ほかにも、涙袋があることで、目元の小じわが目立たなくなり、若々しく見えます。涙袋があるだけで、顔の印象が大きく変わってくるのです。

 

img_tearbag01

出典 http://topicks.jp/65452

自然な涙袋メイクのやり方

涙袋がない人や、あっても理想の幅より狭いという人は、メイクで理想の涙袋を手に入れることができます。

最近では、涙袋専用のメイクアイテムもたくさん販売されていますが、ここでは、お手持ちのアイシャドウなどを使ってできるメイク方法をご紹介します。

用意するのは、白っぽいパールのアイシャドウと、薄いブラウンのアイシャドウ、それにぼかし用の綿棒です。

 

①涙袋の位置を決める

鏡を見ながら、頬をしっかり上げるようにして笑顔を作ります。そうすると、誰でも目の下に涙袋が出現します。

この時現れた涙袋をメイクで再現するように意識すると、やりすぎない自然な涙袋を作れます。

 

②涙袋の影を作る

鏡を見て現れた涙袋の下部分に、ブラウンシャドウを使って、薄く影を作ります。

細くラインを入れたら、綿棒でぼかしていきます。黒目の下あたりが一番濃い目に、目頭と目じりの下部分は薄目になるようにするときれいに仕上がります。

 

img_tearbag02

③涙袋にパールシャドウを塗る

②で作ったラインより上側、涙袋の膨らんでいる部分にパールシャドウを塗っていきます。

この時、少しピンクがかったパールシャドウを使うとくすみ飛ばしの効果もあります。

シャドウの色が、白すぎて浮いてしまう場合には、淡いベージュのシャドウを使うとナチュラルに仕上がるのでおすすめです。お好みに合わせて、色々試してみてくださいね。

 

④下まつ毛にマスカラを塗る

シャドウだけでも、ぷっくりした涙袋ができますが、下まつ毛にマスカラを塗ることで、さらに涙袋の効果をあげることができます。

また、下まつ毛が強調されることで、涙袋の部分に自然な影ができ、よりナチュラルに仕上げることができます。

マスカラは、黒目の下部分を強調するように塗るのがおすすめです。

 

涙袋があるだけで、デカ目効果や、小顔効果が得られ、瞳のウルウル度もアップするので、女子力もグッと上がります

生まれつきある人が羨ましすぎる涙袋。それがないなら、メイクで作ればいいのです。

しかも作り方は意外と簡単。これならすぐに取り入れることができますね。