MKstyle
店舗一覧
電話
来店予約

披露宴のお色直しは振袖で!

change_dress

まるやま京彩本部
披露宴のお色直しは振袖で!

近年では、結婚式にはウエディングドレスで臨み、披露宴のお色直しで振袖をお召しになる方が増えています。
新婦の華やかな振袖姿と新郎の羽織袴姿は、披露宴を大いに盛り上げてくれます。
ここでは、披露宴で振袖を着用する際のポイントをご紹介しましょう。

披露宴のお色直しに振袖を!

以前は、和装は前撮りで済ませて当日はカラードレスを着用する方が多かったのですが、日本古来の神前式の人気が復活している昨今、披露宴のお色直しで振袖を着用する方が増えています。
近年では、さまざまなデザインの振袖が販売されており、和装の良さが見直されています。
デザインはもちろんのこと、小物も充実しているため、和装に対する「古臭い」というイメージは一新されたと言えるでしょう。
中には、ラメ素材やラインストーンを施した洋風なアイテムもあります。
もし、お色直しの衣装でお悩みなら、振袖を選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

披露宴で振袖を着用するメリット

新婦の華やかな振袖姿と新郎の羽織袴姿は、会場の雰囲気をガラリと変える力があります。和傘などの小物を合わせれば、より純和風でドラマチックな演出ができます。
振袖は独身女性の第一礼装ですので、既婚女性は着用できません。
そのため、披露宴は振袖を着用できる最後のチャンスです。
結婚後のフォーマルな場では、ご親族の結婚式の場合は黒留袖や色留袖、お友達やお呼ばれの結婚式には訪問着や付下げになりますので、悔いの残らないようとびきり華やかな振袖姿を披露することをおすすめします。
また、振袖は日本の伝統的な正装ですので、披露宴自体の格式を高めるというメリットもあります。
披露宴の列席者の中に高齢の親族が多い場合は、特に喜ばれる傾向にあるようです。

「大振袖」「引き振袖」ってなに?

大振袖(おおふりそで)とは、床につくほど袂が長い振袖のこと。
成人式や卒業式、結婚式へのお呼ばれなどで着用する振袖よりもずっと袂が長く、振袖の中でもより格調高いものとされています。
引き振袖は、よく打掛と混同されがちですが、打掛は白無垢の上に羽織るため、帯が見えないことが特徴です。

一方、引き振袖はしっかりと帯を締めるため、帯の装飾を楽しむことができます。
ご自身の披露宴の席で振袖を着用する際は、花嫁衣装用の引き振袖や大振袖を着用される花嫁様が一般的です。

成人式の振袖を仕立て直して着用することも

成人式の時にお召しになった振袖を仕立て直して、引き振袖にされる方もいます。
大切な振袖を晴れの門出に着用することは、ご両親や祖父母様への素敵なプレゼントになるでしょう。ただし、中には仕立て直しが難しい場合もありますので、仕立て直し可能かどうかを早目に着物専門店に相談することをおすすめします。

ウエディングドレスとはまた違った趣のある振袖姿を、披露宴で参列者の皆さまにぜひ見せてあげてください。
喜ばれること間違いなしです。
晴れの日に日本古来の正装をすることは、自分たちだけでなく、列席者の皆さまにとっても素敵な思い出になるでしょう。

振袖レンタル・振袖ご購入はまるやま京彩本部にお任せください